読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こわいこわい

サクの怖がりは今に始まったことではないけれど、ここのところずいぶんひどくなってきた。

玄関の施錠を何度も確認し、外に出れば通りすがりのオジサンにおびえ、

公園は「怖いから行きたくない」、スーパーでは母の手を離さずべったり。

サクいわく、「お父さんがこわいてれびを見せたから」

ISのニュースがたくさん流れていたころと一致するので、一連のニュースに

何か感じるところがあったのかと思えば そうではないんだって。

「こわいてれび」は仰天ニュースなんですと。

まあ 真相はたぶんそこではなくて 心の発達、視野の広がり、なんだと思うんだけど。

 

サクの通う小学校では登校班はなくて 指定通学路をてんでバラバラに通って行く感じ。

児童数が多いので 登校時周りに誰もいない、なんてことはなさそうだけど。

サクはこわいだろうな、きっと。

怖がり自体は 成長とともに治ると思っているので まあいいんだけど、

自分自身たいそう臆病でしたので 「ぽつんと放り出されるような不安感」は今でも時々夢に見る。

登校とかそんな小さなことで あまり深い傷がつかなければいいなあ、と思う。

 

おともだちのお母さんたちの心配はもっぱら

「うちのこ回り見ないで飛び出す!」「ぜったい車にひかれる!!」

それはそれで困るけどさ・・・  健全、に聞こえてしまうなあ、やっぱり。