読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3日目

「きつい・・行きたくない・・」と 小学校3日目のサク。

初日2日目と ラクラク乗り切ったのですっかり忘れていたけれど、

そうだった、そうなんだったよ、サクは。

内々にため込むより吐露できる方が安心、だとは思いながらも、やっぱりしんどい。

本当に具合が悪いわけではないのか、真意はどこなのか探り探り。

キツかったら帰っておいで、と腹を決めて笑顔で送り出し、

まあ結果、 上機嫌で定時に帰ってきたんですけども。 やれやれ。

・・・ やれやれ。

 

ところでサクには好きな男の子がいる。年長さんで同じクラスだったハルくん。

ワタシのイメージは 「蝉の死骸をバンバン踏んづけている乱暴者」(笑)だったのだけど

よくよく聞くと スポーツ万能ちょっとイケメン、そして優しいモテ男くん。

一緒のクラスにはなれなかったのだけど、今日、音楽室に移動するときに

廊下で会ったらしい。

みんなと一緒だったので お話はできなかったのだけど、

「あのね、ハルくんからタッチしてくれた」と 小声でサク。 え?ほんと??

それも ハイタッチじゃなくて、みんなに見えない下の方でこそっと!

いやーん。 きゅんきゅんしますやーん。