読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1年生6月

サクの入学からこっち あれこれ落ち着かないまま もう6月。

はやいなあ。

 

登下校は相変わらず、基本的に「ひとりではこわい」というところから進歩なし。

朝は近所のお兄ちゃん達に混ぜてもらっていたのだけど、

いつまでも付き合ってもらうのも申し訳ないので 5月からはハハが途中まで付き添い。

帰りは お友達と帰ってくれば? と思いきや、

近くの子は別のクラスで 意外と時間が合わなかったり 同じクラスでもあんまり気が合わなかったり

所詮1年生、約束してもすっぽかされたりなんだり、で 苦戦中。

むううううう。

ねえ、今ね、グーグルマップで測ったら 家から校門まで250mだったYO。

250m・・・  ほぼ直線・・・・  ぐうううう。

 

もうひとつ、クラスの子。

年少さんの時からお友達の△△ちゃんは 年少さんの頃からちょっとワガママさん、

と思っていたら 1年生になってだいぶんパワーアップ。

サクのことが好きなので(たぶん)あれこれかまってくれるのだけど、

かまい方が ・・・マウンティング というのかなあ。 

毎日毎日サクの愚痴を聞かされて

「いやなことは断る、悪くないときは謝らない、意地悪されたらきちんと怒る」

というような 生活指導をしてるわけです。

・・・・ ねえ。  どうなのよ、これ。

 

全般に思うことだけど 子供の周りはやっぱり子供。

子供の相手はなかなか大変だ。

サクは大人の中で育ったこともあり、本当にそういうところが弱い。

大人と子供とワラワラいる中で、気づけはサクは子供ではなく大人に懐いている。

そりゃオトナはさ。 大人の対応をするから楽だべさ。

 

むううう。

そういう私も 職員室に入り浸ってる子供でしたよ、はい。

大人にかまってもらうのは 楽なんだ、やっぱり。