読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじっこ育ち

朝、20m先までサクを送って行って(だいぶ短くなったYO!)、

やれやれとパソコン前に座ったら、どこからともなく 泣き声が近づいてくる。

・・・むむむ、と思う間もなく、ピンポーン、おかあしゃあああん、わあああ(涙)

「プールカード、入ってなかった、ぐすぐすぐすぐす」

いやいや、ほら、宿題のクリアファイルに入れるってゆったじゃない、ほら、入ってるよ、大丈夫大丈夫。

「だって、さがしたのに なかったんだもん、ぐすぐすぐすぐす」

通学路で思い出して その時点でもうパニックになってしまった姿が目に浮かぶ。

いつかのブログで書いたけど ほんとうに、

サクのこういう張りつめたところを ゆるゆるとほどいてやりたいのだけれども。

どうしたらいいんだべな~。

 

ねー。

 

ところで帰り道は、近頃お迎えなし。 近くの1年生の女の子2人と友達になって

帰りにげた箱で待ち合わせをしているらしい。

1年生のすることなので 悪意なくおいてきぼりにしちゃったりされちゃったり、

心配しながらみてますが、まあまあ、なんとかなっている様子。

 

 

思い返すにワタシは、小学校中学校、高校も大学も全部、「家が一番遠い人」だった。

同じ方向に帰る集団の中で 常に最後まで残って一人ぼっち。

生粋のはじっこ育ち。

大人になって気づいたんだけど、これ、本当に嫌だったなあ。

いま 家の前で友達に手を振るサクが うらやましいようなうれしいような。

 

こんなところに限らんけども 子育てしてて、

自分がして欲しかった事とか 嫌だったこととか 気づけば注意深くより分けている自分がいて、

んー  なんというか  おのれの人生を被せてはいかんよ、

ということも 同時に強く思ったりもするのだけど。

 

 

 

おもしろいよう。

人が病気で死ぬワケを考えてみた

人が病気で死ぬワケを考えてみた